食品接触材料ISO関連規格

炊飯器、ジュース機、コーヒーマシン、その他の台所用品は、私たちの日常生活の一般的な使用に大きな利便性をもたらしましたが、食料品と直接接触するとセキュリティ上のリスクが発生する可能性があります。 プラスチック、ゴム、着色剤などの製品中の食品接触材料は、製品の使用中に食品に移動する重金属、有毒な添加物などの有害な化学成分を放出することがあります。 人間の健康に

食品接触材料および製品は、食品と接触する食品の臭い、味および色に影響を及ぼし、食品中に移動する重金属、毒性添加物などの有害な化学成分を一定量放出することがある摂取、ヒトの健康を危険にさらす。

ISO関連の基準:

ISO4531-1:食料品、ガラス質材料と接触するカドミウムと鉛の放出

ISO4531-2:1998食物と接触するセラミック、ガラス状物体のカドミウムおよび鉛放出、許容限度

ISO6086-1:1999食料品、ガラスおよびセラミック器具およびガラス器具用のセラミック器具。 鉛とカドミウムの放出

ISO6486-2:1999食料品、ガラスおよびセラミック器具およびガラス器具用のセラミック器具。 鉛およびカドミウムの放出、許容限度

物理的試験:官能試験、サイズ、包装層、充填多孔度

(Pb)、金属元素溶出、リン、ビスフェノールA、メラミン、ホルムアルデヒド、フタル酸(塩化ビニル)、エチルベンゼン、塩化ビニル、塩化ビニル、塩化ビニル、スチレン等

微生物検査:抗菌試験、コロニー数、カビおよび酵母、赤痢菌、溶血性連鎖球菌、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、大腸菌など。