健康飲料水管理監督のための措置

第1条これらの措置は、中華人民共和国における飲料水製品監督の衛生と安全を確保するために、感染症の予防及び治療及び都市水供給規定に関する関連法規に基づいて策定されている(以下、飲料水と呼ぶ)を提供し、人間の健康を確保する。

第二条これらの措置は、集中給水、二次給水ユニット(以下、給水ユニットと呼ぶ)及び飲料水製品監督の監督及び衛生及び安全に関する製品の集中監督及び管理に適用する。 中華人民共和国の領土にあるユニットと個人は、これらの措置を遵守しなければならない。

第3条保健省は、全国の飲料水監督監督製品を担当するものとする。 郡レベル以上の地方自治体の公衆衛生の行政部門は、それぞれの行政区域における飲料水製品の監督を担当するものとする。

国土の飲料水の監督と健康管理を担当する建設省。 郡レベル以上の地方自治体の行政部門は、それぞれの行政区域における都市飲料水の行政管理を担当するものとする。

第4条国は、飲料水の衛生安全に関連する給水装置及び製品の衛生的な許可制度を実施するものとする。

第5条国は、飲料水の衛生および安全に有益な新製品、新技術および新技術の研究開発および促進および適用を奨励する。

第6条給水ユニットから供給される飲料水は、全国飲料水衛生基準に適合しなければならない。

第7条中央給水部は、郡レベル以上の地方自治体の保健行政部門から発行された健康許可証を取得しなければならない。 都市の水供給企業と自営施設、外部給水企業はまた、給水前に "都市水道企業資格証明書"によって発行された建設管理部門を取得する必要があります。

第八条給水ユニットの建設、改造及び拡張のための給水及び給水事業は、衛生要件、立地選択及び設計審査に適合しなければならず、完了及び受諾には公衆衛生行政部門が参加するものとする。 新しく建設され、改装され拡張された都市公共飲料水供給プロジェクトは、行政部門によって整備され、敷地選択、設計審査および完了受諾を組織し、健康管理部門が参加するものとする。

第九条水道事業者は、常勤又は嘱託の職員とともに飲料水の衛生規則及び規制を定め、飲料水製品の監督及び衛生管理を担当するものとする。

第10条中央給水部は、定期的に水質検査を実施し、地方行政機関の公衆衛生局及び管理部門に検査資材を提出するための浄水消毒施設及び必要な水質検査装置、設備及び人員を有するものとする建設。 都市の水供給企業と外部の水供給企業のための自己造りの施設、その生産管理システムの確立と実装、人事資格と水質の定期検査業務は、都市建設管理部門が管理責任を負う。