化粧品登録記録管理事項の調整について

「化粧品衛生監督令」および「国務院の国家管理局発行」に基づき、化粧品登録の登録と消費者の健康利益を保護するための作業の管理をさらに標準化するため、医薬品の管理、機関とスタッフの規制の主要な責任は、関連する条項の発行を[2013] 24)、化粧品の登録を調整することです関連事項の登録は次のとおりです:

最初に、化粧品の国内非特殊な使用は、記録を知らせる

2014年6月30日以降、オンライン書類提出のための製品情報である「国内非特殊化粧品申告要件」(付属書1)に従って、国内非特定目的化粧品製造業者を製品の前にリストアップする必要があります。 州の食品医薬品規制当局の製品情報を記録し、統一されたウェブサイトで食品および医薬品の規制当局が公的情報を確認すると、州の食品医薬品規制当局は国内の非特殊化粧品レコードバウチャーを発行しなくなった。 地方の食品医薬品規制当局は、申請後3ヶ月以内に、記録された製品の検査を整理し、要件を満たさず、是正しなければならない。 彼らが違法であると判明した場合は、法律に従って調査し、対処し、製品記録情報の該当するセクションに記入するものとする。 "化粧品衛生監督規則"、第七条の関連規定の第45条の規定に従って、国内の非特殊目的の化粧品の前売り製品の情報の義務の要件を満たすために失敗した。

第二に、化粧品を白化して化粧品登録管理

現在、市場のほとんどは美白美容化粧品を美白するのに役立つと主張し、化粧品のメカニズムの皮膚の色素沈着を一貫させるために使用されると主張している。 美白化粧品の安全性をコントロールするために、そばかす化粧品管理に含まれることに決めました。 この発表日以降、食品医薬品規制当局は、非特殊目的化粧品申請のための国内または輸入ホワイトニング製品を受け入れなくなり、生産企業は製品の「美白化粧品管理要件」(附属書2)登録アプリケーション。 特別な目的の化粧品カテゴリーに応じてタイムリーに関連するテスト項目と情報を完了するように企業に促し、記録証明書の発行の元の規定を見直し続け、製品、宣言された。 2015年6月30日以降、再宣言し、特別目的化粧品承認証明書を取得する必要がない、美白製品の記録証明書を作成し、生産または輸入してはならない。

製品の清浄、剥離、および他の効果がある場合にのみ、美白機能を要求してはならない。 記録証明書を作った、元のレコード管理部門の名前とラベルの変更のアプリケーションで提出する必要があります、元の製品の包装は2015年6月30日まで使用することができる、関連製品は、その有効期間の終わりに販売することができます。