上海Randisが“2018年新規化学物質環境管理登録トレーニング(第一期)を参加

上海Randisが“2018年新規化学物質環境管理登録トレーニング(第一期)を参加

2018419日、上海Randisは蘇州へ生態環境部固体廃物と化学品管理技術中心(以下固管中心と略称)が主催する“2018年新規化学物質環境管理登録トレーニング(第一期)を参加に行きました。

 

トレーニング会には、固管中心先生達は“新規化学物質管理仕事の回顧”、“新規化学物質環境管理概況”、“ 新規化学物質環境管理法規政策進展の解読”、“新規化学物質通常申告、簡易申告、科学研究届けの技術審査要求及びよく出る問題”、“新規化学物質登録後管理作業の紹介”等議題を詳しく説明しました。


点击浏览下一页


点击浏览下一页


昨今、中国特色である社会主義が新時代に入り、中国の新規化学物質環境管理もニュートレンドへ向かいます。参加企業は絶えず自社の気になる及び関わる問題を固管中心先生達に提出して、検討場面が賑やかになっていました。

 

トレーニング会が終了後、わが社王総経理は企業代表としてその後“新規化学物質環境管理の強化検討会”に出席しました。今まで企業へコンプライアンスサービスを提供する時に出てきた問題とストーリー、また、海外関連法規と新規化学物質環境管理弁法との比べ、新規化学物質環境管理の経験をシェアで紹介且つ若干のアドバイスを提出しました。